深山ゆうと

評価: 2 0 0 0

フォロー: 0

フォロワー: 0

自己紹介

はじめまして、深山ゆうとと申します
学生時代から小説の世界に魅了され、自ずと執筆を日課とするようになりました
現在は地方紙への寄稿を中心に、個人サークルという形でも文学に携わらせて頂いております
タロット占いを嗜んでおり、占い結果を元に小説を書くこともあります
アイコンはうちの愛鳥
コーヒーとインコが執筆のお供です

対応ジャンル:恋愛、青春、怪談、ファンタジー、ノンフィクション
また、納期を長めに頂いておりますが、その分、細かい点までご依頼者様の要望に応えるべく、尽力して参ります

貴方の頭の中には、どんな世界が広がっていますか?
もしくは、それはしゃぼん玉のように儚く、淡い空想の断片かもしれません
そういったお話を伺うのが、私は何よりも好きなんです
理想の形は人それぞれ それらを繙き、一つの物語として綴っていく――そんな夢を、ご依頼者様と共有したいのです
コミッション以外にも、何かお力になれそうなことが御座いましたら、ぜひご一報下さいませ
信仰と騎士道、傭兵達の戦いの歴史、中世ヨーロッパにおける民の暮らしまで、持てる知識を総動員して、ファンタジー世界へと貴方を誘います
現代世界においても、エニアグラムに基づく「血の通った人物」の誕生を共に見届けたく存じます


文章の例として、ギャラリーに作品の冒頭を載せておきます

文体や作品の雰囲気はある程度変えられるので、こちらも気軽にご相談頂ければと存じます
料金の目安としては、当方、40×40のワープロ原稿を用いて作業しており、こちら1ページ辺りが1600字、掌編は3ページ、短編は5ページ――という風に区切っております


実績

新人賞では大賞にはまだ恵まれておりませんが、2次通過が3回(短編2回、長編1回)
市議会議員様の刊行される地方紙にも、定期的に寄稿させて頂いております
新聞記者としての道もご紹介頂きましたが、当方、車が運転できないので断念しました
また、主治医の先生の御本に書評も書かせて頂いた経験が御座います
pixivにて「小説100users入り」タグを5件、頂きました
サークル名義では過去2年で寄稿5回、今年に入って個人誌を刊行致しました
また、有り難いことに今年も3件、寄稿予定のお誘いを頂いております
個人サイト管理人としては、今年で11年目となります

※二次創作、及び成人向けはお断りさせて頂きます
また、同人へのご理解のない方との事故防止のため、垢を分けて活動しております
こちらの名前はこのサイト専門のものです


受注状況 ご依頼受付中です

まずは一言、ご相談くださいませ

(2021/05/01 18:19更新)
制作環境 一太郎2020
登録タグ

料金表

掌編小説(4800字以内) 1,200
短編小説(8000字以内) 1,500
エッセイ代筆(16000字以内) 3,000
タロット占い(自分) 1,000
タロット占い(キャラ) 1,000
タロット(キャラ)+小説化 3,000