昼の寝台列車

乗物とのスケールをテーマにした作品。

同じ人物が複数存在することで、一般の日常風景でありながら異質な空気を表現。

また、一人だけトーンを乗せず普通のポーズをとらせることで、見る側の意識をそのキャラクターへと向かせた。

制作データ


制作時間 12時間

制作環境 アナログ(Gペン、丸ペン、スクリーントーン)

参考価格 非公開
※同等のクオリティで制作を行う場合

他の作品